FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「リビングライフみらいえ」勉強会

勉強会

本日は当社の「リビングライフみらいえ」を、営業担当に浸透させるためにどうすれば良いかを考える勉強会。
いろいろダメ出しもありましたが、「リビングライフみらいえ」、これからもっと盛り上げていきます。ご期待ください。
スポンサーサイト

【旧耐震とは?】

旧耐震とは?

旧耐震基準とは、建築物の設計において適用される地震に耐えることのできる構造の基準で、昭和56(1981)年5月31日までの建築確認において適用されていた基準をいいます。震度5程度の地震で倒壊せず、破損したとしても補修することで生活が可能な構造基準を定めています。

中古住宅購入のデメリットとは?

中古住宅購入のデメリットとはなんでしょうか?
中古住宅は新築と比べると次のようなデメリットが有ります。
1)経年劣化
 当然ですが、中古住宅は建築して年月を経ているので新築時に比べると、傷みがあります。
 電気設備、壁紙、フローリングなどの劣化は分かりやすいかもしれませんが、
 「隠れた瑕疵(見えない欠陥)」が存在する可能性もあります。

 「隠れた瑕疵」とは、取引上普通に要求される品質が欠けていることなど、
 取引する物に眼に見えない欠陥がある状態をいいます。

 中古住宅の柱が実はシロアリにやられていたり、
 屋根の一部から雨漏りがしていたりと言う状態です。

 購入する人だけでなく、売却する人も建物のどこが悪いか分かっていないこともよくあるので、
 ・検査会社や不動産会社に依頼して建物の検査してもらう
 ・事前検査(インスペクション)を受けた中古住宅を購入する
 など、専門家の検査を受け、購入する住宅の品質を十分理解したうえで購入することが
 重要になりますね。

中古住宅購入のメリットとは?

中古住宅のメリットについて

・価格が安い
物件ごとに事情も価格も異なるので一概には言えませんが、新築に比べ2~3割は安い価格で取引されるケースが多いと言われています。

・完成物件である
新築で特に人気のある物件であれば、まだ未完成のうちにモデルルームや似たような仕様の他の住宅を見て判断して、購入に踏み切らないと売り切れてしまうかもしれませんが、
中古住宅はすでに完成しているので自分で建物の状況や実際の日当り、環境なども確認した後で購入することが可能です。

・消費税がかからない
個人間売買が中心の中古住宅市場ですが、個人が売主の場合は消費税がかかりません。新築に比べ、増税しても影響を受けにくいのが中古住宅と言えるでしょう。ただし不動産業者が売主となっている場合には、中古住宅でも消費税が課されます。

中古住宅とは?

中古住宅とはどういう住宅をいうのでしょうか?
過去に人が住んだことがある住宅?人が購入したことのある住宅?

不動産広告をする会社はすべて加盟不動産公正取引協議会によると、次のように定義されています。
「中古住宅」とは「建築後1年以上経過し、又は居住の用に供されたことがある一戸建て住宅であって、
売買するものをいう。」。
同様に「中古マンション」とは「建築後1年以上経過し、又は居住の用に供されたことがあるマンションであって、
住戸ごとに、売買するものをいう。」。

「建築後1年以上経った住宅」、または「誰かが住んだことがある住宅」はすべて「中古住宅」ということになりますね。

ちなみに不動産ポータルサイトでたまに見かける「未入居中古住宅」。
これは新築から1年以上経過してもまだ売れていない住宅のことです。
マンションも住宅も「新築」と言えなくなると、価格は下落傾向になりがちです。
なかにはお買い得な「中古住宅」もあるかも知れませんよ。
プロフィール

リビングライフ 中古住宅

Author:リビングライフ 中古住宅
現代のライフスタイルや価値観にフィットするお洒落なリノベーションをご提案。中古住宅の購入とリノベーションをワンストップで提供するサービスです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
シェア
Facebookのシェア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。